ほうれい線ができやすい生活習慣は何でしょうか?

ほうれい線ができやすい生活習慣は何でしょうか?

ほうれい線ができやすい生活習慣は何でしょうか? 

 

ほうれい線ができると何故できてしまったのか
いろいろ原因を考えてしまいますよね。

 

 

でも原因を知ることで解決策も見つけやすくなるので
とっても大切なことです☆

 

 

ほうれい線ができやすい生活習慣をまとめましたので
参考にして下さいね♪

 

 

あてはまるものがあったら意識して生活習慣を変えるように
してみてください。

 

 

姿勢が崩れた状態を長時間続ける

 

例)
前傾姿勢で長時間デスクワークをする
うつむいた状態で長時間スマホをみる 
など

 

 

姿勢が崩れた状態を長時間続けると骨格の歪みや筋肉のコリなど
につながり、それらがほうれい線のできやすい原因にもなってしまいます。

 

こちらも参考にして下さいね☆
デスクワークの長い人はほうれい線ができやすいというのは本当ですか?

 

 

パソコンやスマホを長時間使用する

 

 

パソコンやスマホを長時間使用すると目が疲れますよね。

 

 

目の疲れは目の周りの筋肉が疲れている状態なのですが
それが顔全体の筋肉のコリへとつながり
ほうれい線ができやすくなってしまうそうです。

 

 

また無表情になりがちで顔の筋肉が衰えがちになってしまうのも
ほうれい線のできやすい原因となってしまいます。

 

 

紫外線対策が十分でない

 

 

紫外線は浴び過ぎると真皮層のコラーゲンを壊し
お肌の水分を奪ってしまい、シワやほうれい線の
できやすいお肌になってしまいます。

 

 

季節に関係なく外出する際は日焼け止めクリームや
UVカットのファンデーションなどを使用して
紫外線対策をするようにして下さいね☆

 

こちらも参考にしてくださいね☆
ほうれい線対策になるスキンケアのポイントは何ですか?

 

 

顔の片側だけに負担をかけている

 

 

例)
食べ物を片側だけで噛んでしまう
横向きや下向きで寝てしまう
頬杖をつく 
など

 

 

このように顔の片側だけに負担をかけてしまうと
頭蓋骨の歪みにつながってしまい顔の筋肉にも負担をかけ
結果的にほうれい線ができやすくなってしまうそうです。

 

こちらも参考にしてくださいね☆
横向きで寝るとほうれい線ができやすくなるというのは本当ですか?