「サージカルテープ」を使ってほうれい線対策ができるって本当ですか?

「サージカルテープ」を使ってほうれい線対策ができるって本当ですか?

「サージカルテープ」を使ってほうれい線対策ができるって本当ですか?

 

「サージカルテープ」でほうれい線を消せるってきいたいけど
本当かしら?

 

 

そもそも「サージカルテープ」って何かしら?

 

 

どのように使うのかしら?

 

 

と、ウワサの「サージカルテープ」による
ほうれい線対策について調べてみました☆

 

 

もともと「サージカルテープ」は外科用のテープで
ガーゼや包帯などを止めるときに使われている
テープです。

 

 

例えば少しわかりづらいですが(^^;)
こちらもサージカルテープです。

 

 

 

なんとなく見覚えがありますよね?!

 

 

それを寝ている時や家事をしている時など(人に合わないとき)に
ほうれい線そのものに、ほうれい線のを伸ばした状態で
(軽く口を膨らませる要領で)貼り付けます。

 

 

それを続けることでほうれい線が少しづつ消えるとのこと!

 

 

ただ貼り方を間違えると逆にシワができてしまったり
かぶれたりしてしまうそうなので
下記の点に注意して下さいね☆

 

 

サージカルテープ以外のテープは使わない

 

 

セロテープやガムテープなど粘着性の強いテープで代用してしまうと
かぶれなどの肌トラブルの原因になってしまうので
サージカルテープを使うようにしてください。

 

 

また、サージカルテープにも布や紙・プラスチックなど、
色々な素材のものがあるので自分の肌にあっているものを
使うようにして下さいね☆

 

 

使用前、使用後は化粧水や乳液で保湿を

 

 

テープを貼る前にスキンケアをすることで
肌のターンオーバー(新陳代謝)が促されるそうです♪

 

 

保湿ケア後、すぐに貼ると粘着力が弱まるので
少し時間を空けて貼ってくださいね。

 

 

また、テープをはがすときはたとえサージカルテープであっても
角質もはがれてしまい、肌の乾燥トラブルにつながりかねないので
はがした後もしっかり保湿ケアを行って下さいね。

 

 

ほうれい線を伸ばし過ぎない

 

 

効果を期待してほうれい線を伸ばしきった状態でテープを貼ってしまうと
皮膚が伸びてしまい、はがしたときに逆にたるみができてしまう場合も
あるようですので、伸ばし過ぎないように気をつけましょう♪

 

 

Amazonのラインナップ

 

楽天のラインナップ