ほうれい線ケアになる食事のとり方はありますか?

ほうれい線ケアになる食事のとり方はありますか?

ほうれい線ケアになる食事のとり方はありますか?

 

ほうれい線はお肌の調子がよければある程度
改善されると思うのだけれど
どんな食事の摂り方がいいのかしら?

 

 

などと、ほうれい線を体の中からもケアしたいという
お気持ちわかります!

 

 

残念ながら特定の食品を食べればほうれい線が良くなるわけでは
ありませんが、予防したり、それ以上深くさせないようにするために
ぜひ食べたい食品はいくつかあります。

 

 

次の栄養が入っている食品がおすすめです。

 

 

必須アミノ酸

 

 

お肌のハリや水分を保つ働きをしているコラーゲンのもとにもなり
新陳代謝を活発にして様々な肌トラブルを防ぐ働きがあります。

 

必須アミノ酸を多く含む食品

 

鶏卵、牛乳、豚肉、牛肉、鶏肉、あじ、さけ、かつお、
チーズ、そば、ベーコン、しじみ、大豆、キウイ、さつまいも、昆布など

 

 

ビタミン類

 

 

 

ビタミンAは皮膚や粘膜を丈夫に、ビタミンEはお肌の老化防止
ビタミンCはコラーゲンの生成を助けたりとその他のビタミンも
それぞれの特徴はありますが全般的に美肌づくりに必要な栄養素です。

 

ビタミンAを多く含む食品

 

鶏・豚・牛のレバー・乳製品・イワシ・うなぎ・ほうれん草など

 

ビタミンEを多く含む食品

 

緑茶・とうがらし・アーモンド・いくら・いわし・たらこなど

 

ビタミンCを多く含む食品

 

赤ピーマン、黄ピーマン、ゆずの皮、アセロラジュース、
パセリ、レモン、ピーマン、キウイフルーツなど

 

 

ミネラル類

 

 

鉄、亜鉛、マグネシウムなどのミネラル類は新陳代謝を促したり
お肌含む体全体を健やかに保つ働きがあります。

 

体づくりに必要な栄養素なのですが体内で作り出すことが
できないため多めにとっておきたい栄養素です。

 

鉄を多く含む食品

 

豚レバー、鶏レバー、パセリ、卵黄、焼きあゆ、しじみ、あさり、ひじき、納豆など

 

亜鉛を多く含む食品

 

生ガキ、豚レバー、牛肉、かに缶など

 

マグネシウムを多く含む食品

 

大豆製品、魚介類、海藻、木の実など

 

 

必須脂肪酸

 

 

 

三大栄養素の一つである脂肪を作るのに必要な栄養素です。

 

 

必須脂肪酸は普段使う植物油などに含まれるオメガ6系と
魚類に多く含まれるオメガ3系のものがあります。

 

 

両方とも肌を含む体に必要な栄養素ですが、
現代の食生活では魚離れによりオメガ6系を摂りすぎる傾向にあるため
オメガ3系を積極的に摂取するとよいといわれています。

 

 

オメガ3系が不足するとお肌のターンオーバーも乱れ
乾燥肌になってしまうそうなので意識して摂りましょうね。

 

オメガ3系脂肪酸を多く含む食品

 

イワシ、マグロ、くるみ、アーモンド、亜麻仁油、エゴマ油など

 

 

たとえば、サラダにはじゃこや海藻とともにマメやチーズを添えて、
オリーブオイルのドレッシングでいただく感じです。

 

 

そうすればアミノ酸、ビタミン、ミネラル、必須脂肪酸が
同時に摂取できますから肌の健康にとって理想的です☆

 

 

料理する時間が無く、普段は外食が多いという方も
サラダだけは摂るようにしましょう。

 

 

普段から乳製品やマメ、魚介類をたくさん摂る方は
そのままで良いのですが、糖質中心、あるいは肉中心など、
栄養バランスの悪い食事になっている方は要注意です。

 

 

一旦2週間ほど食べたものを記録して、その内容に
お肌にやさしい栄養素が含まれているかを
調べてみてもいいかもしれませんね☆