ほうれい線ケアにもなるというコラーゲンとはそもそも何ですか?

ほうれい線ケアにもなるというコラーゲンとはそもそも何ですか?

ほうれい線ケアにもなるというコラーゲンとはそもそも何ですか?

 

コラーゲンは食べるとお肌がプルプルになるなどといわれているので
とても気になりますよね!

 

 

でもなんとなくお肌に良いものというイメージはありながら
詳しくは知らなかったり!?

 

 

こちらではそもそもコラーゲンとは何なのかについて
掲載したいと思います♪

 

 

コラーゲンは人間の体を作るのに必要なタンパク質の一つで
体内のタンパク質の3割ほどをコラーゲンが占めているそうです。

 

 

なかでもお肌の真皮の約7割を占めていてお肌のハリや水分を保ち
お肌を守る役割を果たしています。

 

 

ですのでお肌にとってとても大事な成分なのです。

 

 

でも残念ながら年齢を重ねると体内で新しく作られるコラーゲンの量が
減少しますし、日焼けなど紫外線ダメージをうけても減少してしまいます。

 

 

そうなるとお肌のハリがなくなりほうれい線などの
肌トラブルにつながってしまいますよね。

 

 

ですのでコラーゲンを含む豚足や鶏皮といった食品などを食べれば
コラーゲンを補えると考えられているようです。

 

 

ですが、体内で消化されるときにアミノ酸に
一度分解されてしまうので、食べたコラーゲンが
そのままお肌のコラーゲンになるわけではないそうですよ。

 

 

でも、アミノ酸になって吸収されてもまたタンパク質として体内で
再結合されるそうですので体のどこに行くのかはそのときの健康状態などにも
よると思いますが、体にとってまったく無駄な行為ではなさそうです。

 

 

ですのでほうれい線が気になるかたはコラーゲンを含む食品を
積極的に摂りつつ顔の筋トレスキンケアなど直接的なケアも
行うことをおすすめします☆