ほうれい線対策になるスキンケアのポイントは何ですか?

ほうれい線対策になるスキンケアのポイントは何ですか?

ほうれい線対策になるスキンケアのポイントは何ですか?

 

ほうれい線解消には顔の筋トレが効果的というけど
やっぱりスキンケアも大事よね?

 

 

ほうれい線を消すためにはどのようなスキンケアが重要なのかしら?

 

 

など、ほうれい線が目立つようになると
日頃のスキンケアの仕方も見直したくなると思います。

 

 

確かにほうれい線は様々な原因による顔のたるみによるもの
と言えると思いますが、お肌自体にハリがある方に
ほうれい線のある方は少ないですよね。

 

 

ですので顔の筋肉を鍛えるのと同時にスケンケアも
やはり大事になってきます。

 

 

ポイントは「保湿」「紫外線対策」この2つです。

 

 

保湿

 

 

お肌の乾燥とはお肌から水分が逃げていくのを防ぐ
細胞間脂質(セラミド)や皮脂といった
保湿成分はが少なくなっている状態のことを言います。

 

 

洗顔してすぐに肌がつっぱってしまうような
乾燥肌の人は特に注意が必要です。

 

 

お肌が乾燥状態になるとハリがなくなり
ほうれい線が目立つ状態になってしまいますよね。

 

 

洗顔料は保湿成分の高いものを選び
ゴシゴシ洗うのではなく泡で優しく洗いましょうね。

 

 

タオルで拭くときも残った水分を
優しく肌をおさえるように拭きます。

 

 

お肌は余計な負担を与えて傷つけないように
優しく扱うのが基本です☆

 

 

洗顔後、入浴後にはできるだけ早めに保湿力の高い化粧水、
乳液、美容液などを少し多いくらいの感覚で使って
水分補給してくださいね。

 

 

ほうれい線のあたりは特に入念に行いましょう。
その時やさしくマッサージしながら行うと効果的ですよ。

 

 

紫外線対策

 

 

紫外線を浴び過ぎると真皮層のコラーゲンを壊し、
肌の水分を奪ってしまうそうです。

 

 

その結果、お肌にハリがなくなり
シワやほうれい線も出来やすくなってしまいます。

 

 

ですので外出するときは
ぜひ紫外線対策をして下さいね☆

 

 

紫外線は季節や天候で量こそ変わるものの
一年中降り注いでいます。

 

 

日焼け止めクリームもしくはメイクされる方が多いと思いますので
UVカットのファンデーションがおすすめです。

 

 

もし日焼け止めクリーム単体でお使いになりたい場合は
日焼け止め自体、お肌に刺激が強いものなのでファンデーション同様
塗る前には化粧水などでお肌を整えてくださいね。

 

 

やはり優しく塗って下さい。

 

 

長時間の外出の場合は2〜3時間に一度は塗り直してくださいね。

 

 

そして実は紫外線は室内にいても太陽光が入るようであれば
降り注ぐので油断は禁物です。

 

 

UVカットのカーテンや窓用のフィルムなどもありますので
太陽光が入るお部屋には使ってみて下さいね。

 

 

こまめなケアが紫外線対策には必要ですが
様々なお肌トラブルを防げますのでしっかりと行いましょうね☆