ほうれい線を解消させるというヒアルロン酸注射(注入)にはどういったリスクがありますか?

ほうれい線を解消させるというヒアルロン酸注射(注入)にはどういったリスクがありますか?

ほうれい線を解消させるというヒアルロン酸注射(注入)にはどういったリスクがありますか?

 

ほうれい線解消のためにヒアルロン酸注射
受けてみたいけどやっぱりリスクもあるのかしか?

 

 

あるとしたらどういったリスクがあるのかしら?

 

 

など美容外科でほうれい線を解消したいと考える場合
ちゃんとリスクについても知っておきたいですよね。

 

 

そこで一般的に言われているヒアルロン酸注射による
主なリスクについてまとめましたので参考にしてくださいね。

 

 

ヒアルロン酸製剤に不純物が混ざっている場合

 

 

ヒアルロン酸自体は体内にある成分の一つで
糖などの結合体なのでアレルギーのリスクは低いといわれています。

 

 

しかし問題なのがヒアルロン酸といっても色々な質の製剤(注入剤)があり
体内での持続時間を長くするためや価格を安くするために体内で分解できない物質
いわゆる不純物が混ざっている製剤もあるそうです。

 

 

そうなるとその不純物に体が反応して赤みや痒み・腫れなど
さまざまな拒絶反応がでてきてしまう場合もあるそうです。

 

 

施術を受けるクリニックではどういった製剤を使用しているのか調べ
口コミやネットの情報だけで正確な情報がつかみにくい場合は
クリニックにメールや電話で直接問い合わせてみてください。

 

 

調べるポイントは信用できるメーカーで純粋なヒアルロン酸を
使用しているかなどです。

 

 

ちなみに、ヒアルロン酸注射の持続期間は約3カ月〜半年程ですので
「スーパーヒアルロン酸」を使っていたり持続性を謳っているクリニックや
安さを売りにしているクリニックは疑う余地があります。

 

 

医師の技術不足によるもの

 

 

注射による施術は医師の技術も大切な要素ですよね。

 

 

ほんの少し注入場所を間違えただけでも思わぬ事態になりかねません。

 

 

内出血や腫れ

 

注入の際、毛細血管を傷つけてしまうと内出血が起こり
2週間〜1カ月程続いてしまうそうです。

 

 

肌がボコボコ

 

ヒアルロン酸を浅いところに注入してしまったり、
注入量を間違えてしまったり、ヒアルロン酸の種類(※)を間違えて
しまうと肌がボコボコになってしまうことも。

 

 

中には改善が難しい事例もあるそうです。

 

 

※ヒアルロン酸は注入する場所によって種類を使い分けるそうです。
粘度や粒子の大きさなどが違います。

 

 

皮膚の壊死

 

稀なケースではあるようですが、ほうれい線の下にある動脈に
ヒアルロン酸を注入してしまい鼻の皮膚につながる血管が塞がってしまい
壊死に至ってしまったというケースも。

 

 

また、クリニック自体の衛生環境が悪いと患部に細菌が入ってしまい
炎症がおこることもあります。

 

 

ヒアルロン酸の施術が注射だけでほうれい線を薄くしたり解消できるからといって
決して安易にクリニックや医師選びをしないでくださいね☆

 

関連ページ

ほうれい線をなくせるというヒアルロン酸注射はどういったものですか?
ほうれい線の解消にもなるというサーマクールはどのような治療法ですか?
ほうれい線の解消にもなるというサーマクールの効果はどのように現れるのですか?
ほうれい線の解消にもなるというサーマクールには副作用やリスクはありますか?
ほうれい線の解消にもなるというサーマクールを受けたいのですがクリニックやドクターを選ぶときのポイントは何ですか?
なぜほうれい線ケアにヒアルロン酸注射(注入)が使われるようになったのですか?
ほうれい線へのヒアルロン酸注射(注入)の持続期間はどれくらいですか?
ほうれい線の解消にもなるというヤグレーザーはどのようなマシンですか?
ほうれい線解消にもなるというヤグレーザーに副作用やリスクはありますか?
歯医者さんでほうれい線を解消できるというのは本当ですか?
歯医者さんでのヒアルロン酸注射(注入)は安全ですか?
ほうれい線解消にもなるというレディエッセ注入はどのような施術法ですか?
ほうれい線解消にもなるというレディエッセはコラーゲンの生成も促すというのは本当ですか?
ほうれい線解消にもなるというレディエッセ注入にはどのような副作用やリスクがありますか?
ほうれい線解消にもなるというPRP注入療法はどのような施術方法ですか?
ほうれい線解消にもなるというPRP注入療法には副作用やリスクはありますか?